XRPの上にも3年

Rippleがもたらす「価値のインターネット」の実現を信じて楽しみにしています。

コラム

out of my comfort zone

全く見知らぬ土地で知らない言語が飛び交う。久しぶりに味わうアウェイ感。 集中しないと、まともに電車にも乗れない。 日本で道に迷うことなんかほとんどないのに、駅から徒歩10分圏内で簡単に迷ってしまう。 凝り固まった常識と慣れが盛大に崩れていく。 …

マインドフルネス

時を忘れて遊ぶ。 2歳児と。 まだこの世界に出てきて2年しか経っていない。眼に映るものは全て新しく、興味の対象。地面に落ちている石ころや、町のいたるところにある看板まで。同じ目線で世界を見てみると、普段は風景でしかない木々の彩りや、地面を歩く…

登拝

不慣れなナビの指示に惑わされつつ、2時間半の運転を経て駐車場に着く。 「車のナンバーを紙に書いて500円入れてください」 久しぶりに持つ鉛筆で、指示に従う。 大きな白い石の鳥居をくぐり、車から降りたての足で一歩ずつ進んでゆく。まず最初に小さい川に…

みんな村人、みんな勇者

自分から見たら、自分自身は勇者であり主人公。 でもそんな自分は他人から見ればただの脇役であり、村人。 村人は勇者にヒントを与える存在。 村人は勇者の行動を決められるわけではない。 実際に決断して行動するのは勇者。 他人にヒントを出して影響を与え…

SWIFTに関する疑問

なかなか毎日ブログを書くというのは大変だなと改めて思っています。せっかく何かを書くのであれば、RippleやXRP関連のことを書きたいのですが、その情報収集も理解も全く追いつきません。困った困った。 いまなんとなく頭に浮かんでいる疑問は「SWIFTって本…

金融包摂(Financial Inclusion)とは

Rippleが2018年の9月にRipple for Goodという社会貢献プログラムを立ち上げました。これは世界における金融包摂(Financial Inclusion)を広げていく試みです。そもそも、金融包摂とは一体、何なのでしょう?

なんとなく悲観的な相場で思うこと

XRPの上にも3年という名前でブログを始めて既に1年以上経過しているわけで、3年という時間も意外と短いものなのかもしれないと感じています。 僕は今まで毎月積み立てる形式の投資信託を何年かやってきたけれど、何かに長期投資するということはあまり経験が…

恥を忍んで思いつくことを書いていきます

XRPの上にも3年という名前でブログを始めたこともあって、RippleやXRPに関わることを書いているわけです。最近はほとんど公式ブログの翻訳記事ばかりですが。内容の質はともかく、XRP関連の「純度」は高いブログではあるのですが、今年はXRPに全く関係ないこ…

Rippleはいま、キャズムを越えようとしているのか?

待望のSBI Virtual Currenciesがいよいよ始動しましたね。

RippleはXRPという車を走らせる道路を作る

今年に入って、400円をタッチしたXRPの価格が昨日70円を下回るところまで下落しました。悲観的なムードも多いですが、Rippleはそれと関係なくやるべきことをやっており、様々な金融機関とのパイロットを実施しています。そこではXRPが使われるのか?という議…

MoneyGram CEOが語るRipple

昨日、MoneyGramのCEOであるAlex HolmesがRippleについて語る記事が公開されました。xRapidやxViaを使うことでどのようなメリットがあるか、ブロックチェーンというよりは分散型台帳技術(DLT)やデジタルアセットをどう活用するかという内容です。個人的に…

XRPをいつ売るのか?

2017年の12月13日はXRPを持っている人にとってはご機嫌な1日になったのではないでしょうか?過去、数ヶ月はほとんど30円以下だったXRPの価格が、これを書いている21時でも50円を超えています。Twitter界隈でも盛り上がっていますし、僕もご機嫌です。 さて、…

とあるスウェーデン人とのお金のはなし

今日は偶然、スウェーデン人と話をする機会があったので、聞いてみました。 「スウェーデンでは現金はほとんど使わないんでしょ?」 するとやはりその通りみたいで、ほとんどクレジットカードや電子決済で済まされるようです。その人は日本が意外にも現金を…

「振込みは15時まで」は昔の話になる?

「銀行の振込みってどうしてこんなに時間がかかるんだろう。しかもお金を移動させるだけなのに、どうして手数料がかかるんだろう。」 日本に住んでいて、銀行を利用したことのある人であれば一度は考えたことがあることでしょう。オンラインバンキングを使っ…