XRPの上にも3年

Rippleがもたらす「価値のインターネット」の実現を信じて楽しみにしています。

Ripple基礎知識

国際送金 SWIFTとコルレス銀行

Rippleに関連するニュースを理解しようとすると、自分の無知さに気がつきます。それでもひとつひとつを自分の中で筋を通して説明できるようになりたいなと感じている今日この頃。ほんとざっくりした内容ですが、まずはSWIFTとは何か?という切り口から入って…

三菱商事などパイロットを開始 和訳

今回は短めの記事です。三菱商事、スタンダードチャータード銀行、アユタヤ銀行がxCurrentを使用したパイロットを開始するという発表です。銀行だけではなく、三菱商事のような企業も絡んでくるあたりに、Ripple戦略の進捗の速さを感じます。今回も公式ブロ…

Welcome to Xpring 和訳

XRPが国際送金だけではなく、様々なところで使われていく未来が訪れそうです。最初からRippleは価値のインターネット(IoV)をビジョンとして掲げていて、かなり遠くを見据えています。今回のXpringはXRPやXRP Ledgerを活用する起業家向けの投資という役割を…

xRapid 初のパイロットの結果 和訳

Rippleのブログはしばらく時間が経つと、和訳が出てくるものもあるのですが、英語のままの記事もあります。今回のはどうやら和訳されなさそうなので、翻訳してみました。以前からDavidの発言などで、xRapidの送金フローの話がでていましたが、個人的にはこれ…

グラフで見る 需要と供給 XRPの市場価格

僕は投資対象としてXRPというデジタルアセットを保有しているわけですが、それは価格の上昇を見込んでいるからです。様々な方がその上昇に関しての説明をしてくださっていますが、今回は僕なりの理解を「需要」と「供給」と「市場価格」という点から整理して…

流動性とは 和訳

Rippleを知るうえで、流動性(Liquidity)という単語は決して避けて通れません。僕が勉強し始めて一番最初に引っかかった言葉でもあります。今回、Ripple公式から記事が出たので、翻訳(和訳)してみました。きっとこういった単語は文中や会話の中で使われる…

金融読本から学ぶ、銀行の業務と役割

前回の翻訳記事の冒頭で少しだけ触れましたが、金融読本という本を読んでいます。Rippleに大きく関わる分野は決済のパートですが、僕はまず金融という言葉の意味と銀行の業務や役割について知らないことが多かったので、ここにまとめたいと思います。ちょっ…

ブロックチェーンに関する3つの質問 和訳

最近、情報が多いうえに、僕の理解じゃ追いつかないことも多々ありまして、地道に勉強しています。特に金融関係は一般の人ほどの知識も無いのでまずは金融読本を読んでいます。様々な発見があって本当に面白い。というのはさておき、再びの翻訳シリーズです…

xCurrent, xRapid, xViaの技術的な解説 和訳

twitter上で@jeremy_87110さんがRippleのソフトウェア製品である、xCurrent, xRapid, xViaについて、技術的な内容を含めた解説をしてくれていました。それを@tenitoshiさんが翻訳(和訳)してくれたものを、このブログに掲載させていただきます。僕も100%理…

コルレス銀行を使った国際送金の具体例 和訳

簡略化されて説明されることが多い国際送金の流れを具体例で説明してある記事があったので、少し抜き出して翻訳(和訳)してみました。特に手数料がどういう仕組みで発生しているのか、どこで FXが行われているか、最終的な決済はどうなっているかなど、とて…

MoneyGram CEOが語るRipple

昨日、MoneyGramのCEOであるAlex HolmesがRippleについて語る記事が公開されました。xRapidやxViaを使うことでどのようなメリットがあるか、ブロックチェーンというよりは分散型台帳技術(DLT)やデジタルアセットをどう活用するかという内容です。個人的に…

Ripple:Much Ado, Much to Do Part3 和訳

さて、ここで本シリーズの和訳は最後となりました。Part3はxRapidの説明がほとんどで、xViaについても少し触れらています。Rippleの目指す先はまだ遠くにありますが、それに向けて着実に進んでいます。長い目で見て応援していきたいですね。では以下、Part3…

Ripple:Much Ado, Much to Do Part2 和訳

Much Ado, Much to Do Part1, 和訳はたくさんの方々に読んでいただきました。自分が想像していた以上にRetweetされたり、コメントをいただき、本当に嬉しかったです。さて、昨夜遅くにcoincheckの不正送金のニュースが話題となりました。未だに対応策を検討…

Ripple:Much Ado, Much to Do Part1 和訳

1月も終わりに近づいて、Ripple公式から多くの情報が公開されました。公式の記事はしばらくすると翻訳されることも多いですが、今回のMuch Ado, Much to Do のシリーズは特にRippleについて知りたいという方に向けて書かれているものなので、自分の理解を深…

支払いと決済の間にあるクリアリング

先日書かせていただいた、支払い(payment)と決済(settlement)の違いをとても多くの方々に読んでもらいました。「わかりやすかった」というコメントもいただき、とても嬉しかったです。ありがとうございます。実は前回の記事で触れた、支払いと決済の間に…

支払い(payment)と決済(settlement)の違い

会社経営をされていたり、個人で事業を行なっている方々は別ですが、僕のように会社に勤めて生活していると、決済という言葉にそれほど馴染みがない方も多いと思います。コンビニで現金を渡しておにぎりを買う。Suicaを使う。クレジットカードを使って何か商…

Ripple CEO, Bradが語るRippleとは

明けまして、おめでとうございます。 RippleやXRPという単語が新聞やニュースで取り上げられることが多くなりました。僕のまわりでも暗号通貨(仮想通貨)の話題が頻繁に聞こえてきて、その注目度の高さが伺えます。しかし、投資スタイルは人それぞれとはい…

価値のインターネット Don Tapscottより

前回の記事でXRPの価格が50円に触れたと書きましたが、今は80円〜95円あたりを推移しています。短期間での価格上昇と、盛りだくさんの好材料でtwitterも賑わっていますね。僕もニュースを追いきれていません。 そんな中、原点に戻って、価値のインターネット…

XRPの役割とは?価格と価値とバンクシー

コルレス銀行や国際送金での分散型台帳のざっくりとしたお話をしてきました。 www.xrpsurfer.com www.xrpsurfer.com その中で、Rippleは国際送金の分野から価値のインターネットを実現しようとしています。 でもどうやって? Rippleはブロックチェーンを元に…

国際送金での分散型台帳とは

www.xrpsurfer.com 前回、現状の国際送金ではコストと時間がかかるという話をしました。そういった問題はコルレス銀行などさまざまな銀行を経由することから生じるものです。コルレス銀行とはで、少し触れましたが日本国内の送金に関しては、すべての銀行が…

コルレス銀行を使った送金のざっくりとした問題

前回、国内送金と国際送金の簡単な仕組みとコルレス銀行について触れました。 www.xrpsurfer.com 現在、企業や個人が国外に送金する際にはコルレス銀行など複数の銀行を経由して送金が行われます。現状、コストが高く時間もかかるというのが問題になっている…

コルレス銀行とは

Ripple(リップル)とはでも書きましたが、Rippleが注力しているのは国際送金の分野です。 そして国際送金について調べると必ず出て来るのが、コルレス銀行やコルレス契約です。一体、これらは何でしょうか?海外送金を理解するにはまず、国内の送金を知る必…

Ripple(リップル)とは

そういえば、書いてなかったそもそものお話。 Ripple(リップル)とはいったい何? それはシステムのことを言ったり、XRPというRipple(リップル)が発行している暗号通貨(仮想通貨)のことを言ったりします。ただ、僕の印象だとRippleと言うと、多くの場合…

まずはこれ、分散型台帳技術のお話 for beginners

今回の #tokyoxrpmeetup で改めて、たくさん勉強しないとなと思った。そしてRipple ファミリーとして正しい情報を色んな人にわかりやすく広めることで応援しようと、勝手な使命感を持ちました!😁 — XRPの上にも3年 (@xrpsurfer) 2017年11月10日 先日のmeetup…