XRPの上にも3年

Rippleがもたらす「価値のインターネット」の実現を信じて楽しみにしています。

Ripple(リップル)とは

f:id:xrpsurfer:20171220191214p:plain

そういえば、書いてなかったそもそものお話。

Ripple(リップル)とはいったい何?

それはシステムのことを言ったり、XRPというRipple(リップル)が発行している暗号通貨(仮想通貨)のことを言ったりします。ただ、僕の印象だとRippleと言うと、多くの場合その会社のことをさしているように思いますので、その解説をしたいと思います。

会社としてのRippleとは

今日情報が移動するのと同じように価値を動かすことができる世界をつくります

というビジョンを掲げた2012年にスタートしたサンフランシスコのベンチャー企業です。このビジョンは価値のインターネットの実現(Internet of Value / IoV)とも言われています。2016年の時点でまだ社員数が150人程度の会社ですが、各国の中央銀行やメガバンクとの関わりがあり、影響力もとても大きいのです

ripple.com

どうやってそんな世界を作るの?

まず価値のひとつである、お金について考えた時に、現在では人がどんな支払い方をしたとしても最終的にはそれぞれの銀行にある口座からお金が移動することになりますよね。人の行き来やビジネスが、国境を越えてグローバルに展開されていく世の中で、それに支払われるお金の移動というのも国境を越えていく必要があります。そしてその需要というのはどんどん増えてきていますし、要求されるスピードやコストも速くそして安くなってきています。

例えば、僕がAirbnbのアプリを使って、旅行先のイタリアに住んでいるAさんの家に泊めてもらうとして、その宿泊費が4000円だったとする。銀行など様々なシステムを通して、日本に住む僕から、イタリアのAさんへお金が移動するわけです。これは一例ですが、こういう少額の価値の移動って増えてますよね。そしてこれからも増えていくと思います。そこでRippleは国際送金という分野に目をつけました。

今の国際送金の仕組みじゃダメなの?

ここは僕も知らないことがとても多かったので驚いた部分なんですが、現状の国際送金の仕組みはインターネットが普及する前からさほど変わっているわけではないんです。その結果、海外に送金するのに2,3日かかったり、コストが高かったり、さらには失敗してしまうこともあるみたいなんです。(失敗って驚きです)

2,3日あれば飛行機に乗って、地球上のどんなところにでも行けてしまうと思うのですが、お金を届けるというのは人が移動するよりも時間がかかるというのも驚きです。ここでは詳しく書きませんが、現状では国際送金ができる銀行というのはとても限られていて、複数の銀行を経由することが必要だったり、時差の関係でやりとりが遅れたりします。

コストに関しても例えば楽天銀行のサイトを見ると、日本円を外貨にして送金するなら4750円だとか。こんなに手数料かかったら、「じゃぁ海外に1万円送るか」なんてことはとてもできませんよね。

そこでRippleのソリューション

Rippleはこの分野に変化を起こそうとしています。国際送金がユーザー側にとって、望ましいものになっていないというのは書きましたが、実は銀行側にも大変なことがたくさんあります。送金に関する手続きや、いろんな国の通貨を用意しておかなければいけなかったりとコストがとても高いのです。Rippleはこういった銀行に対して、ブロックチェーンの技術を使ったテクノロジーで解決策を提案しています。それはRippleNetと呼ばれ、国際送金を画期的に変えるものです。一例ですが、RippleNetを使うと送金のコストが33%、さらにXRPというRippleの暗号通貨(仮想通貨)を使うと42%のコストが削減できると、Rippleの白書には書かれています。そしてその送金の時間は数秒という次元にまで短縮されます。まさに、メールを送るようにお金の移動もできるようになる。価値のインターネットということです。

最後に

この記事ではRippleってそもそもなんぞや!っていう疑問に対して、技術的な知識を踏まえずに解説してみました。おそらくRippleについて調べようと思った方は、暗号通貨(仮想通貨)に興味を持たれた方が多いと思います。肝心のXRPという通貨についてはあまり触れていないので、満足いく内容ではないかもしれませんが....そこはまた後日。

僕が知るRippleというのはこういう存在で、僕はRippleを応援しています。価値のインターネットがRippleによって実現できるだろうと思っていますし、それを楽しみにしています。

 

もし、もっと技術的なことを知りたい!深く知りたい!というのであれば、Ripple総合まとめがお勧めです。

gtgox.com

もっと楽しく、でも深く理解したいというのであれば、マンガでわかりやすいこちらがお勧め。

okanefuyasuzo.muragon.com

どちらもいつも、すごーーく勉強させてもらっています。