XRPの上にも3年

Rippleがもたらす「価値のインターネット」の実現を信じて楽しみにしています。

流動性とは 和訳

f:id:xrpsurfer:20180322132315p:plain

Rippleを知るうえで、流動性(Liquidity)という単語は決して避けて通れません。僕が勉強し始めて一番最初に引っかかった言葉でもあります。今回、Ripple公式から記事が出たので、翻訳(和訳)してみました。きっとこういった単語は文中や会話の中で使われることでその意味が明確になっていくのかもしれませんが、この和訳記事が少しでも誰かの参考になれば幸いです。それではどうぞ。

流動性とは

フィナンシャル・タイムズによると、取引における流動性とは、どれだけ簡単に特定の有価証券や商品が交換できるか、もしくはその金融商品を引き出しのために現金に換える時の容易さ、と定義されています。この定義には取引中の各金融商品の安定性や価格も含まれています。

(この部分が大切だと思うのですが、翻訳がうまくいかないので、参考までにリンク先のフィナンシャル・タイムズによる定義の翻訳も掲載しておきます。)

-----

流動性とは

現金や簡単に現金に換えることができる現金同様の資産。市場においては、十分な買い手と売り手が存在し、少数の売買が価格に大きな影響を与えないような、株やコモディティを指す。ある市場はとてもliquidであり、またある市場はilliquidである。

また、流動性とはどれだけ容易に有価証券や手形が取引できるかという意味ももつ。流動的な有価証券(liquid security)は、大企業の株式やソブリン債のように、簡単に値をつけることができ、大きな価格変動無しに売買がなされる。反対に、illiquidな手形とは、そもそも取引自体が可能であったとしても、その売買自体が価格を変動させてしまうようなものである。

銀行は預金者、債権者やカウンターパーティーからの要求に応えるために十分な資産を保持していなければならない。国際的な金融危機の際、多くの資産は銀行が想定していたよりも売却が困難であることが明らかとなった。現在、バーゼル銀行監督委員会は銀行に対して、30日の市場危機を乗り越えられるような、十分な流動資産(現金や国債)を保持すること要求しようと計画している。また、銀行の全体的な流動資産の換金能力が、もっと長いスパンでの負担義務と合うような第2の比率も検討されている。

Liquidity Definition from Financial Times Lexicon

-----

金融取引がエンジンだと仮定すると、その性能は動く部品や複数の要因から影響をうけます。流動性(liquidity)とはエンジンを動かすオイルのようなものです。良質で安価でどこでも手に入れられるキレイなオイルというのは、低リスクで高速なスムーズな取引を意味するのです。

デビットカードでの購入や小切手での預金のような国内の取引においては、流動性は一般的に高いです。それは金融取引が通常は同一通貨で行われ、取引の両者の口座残高上においてなされるからです。しかし国際的な国境をまたぐような取引においての流動性を見ると、そのオイルは薄れ、パフォーマンスが損なわれます。

国際的な取引では、国特有の規制や異種の通貨によっての障害や遅れが発生します。ひとつの通貨をもうひとつの通貨に交換するという処理では、両サイドの取引価格に影響を与えるような価格と時間の変動が発生します。これは処理の安定性を阻害しリスクとコストを増加させます。

その結果、金融機関は取引を行う各国の通貨をノストロ口座にあらかじめ保有しておく必要があります。この現地通貨建ての口座は取引のリスクを下げ、流動性を向上させます。

しかしながら、これらのノストロ口座はとてもコストがかかります。2016年のMcKinsey Global Paymentレポートでは、約5兆ドルの資金が世界各国のノストロ口座に眠っているとしています。この眠った資金はもっと生産的に使うことができるはずです。また、これらの口座は取引量に見合うようにその残高を積極的に管理される必要があります。

世界中でこうした口座を維持するコストと複雑さは、ほんの少しの銀行しか国際的な取引をできないという理由のひとつとなっています。多くの組織にとって、世界中にノストロ口座を保持するという負荷が単純に持続不可能となっているのです。中小規模の銀行やペイメントプロバイダーは手数料を支払って、こうした大規模な金融機関の国際取引システムを利用しています。

これら国際取引におけるコストを下げたり、流動性の速度(the speed of liquidity)を改善するためにデジタルアセットは使われます。為替のコストが高く、取引量が少ない新興市場においては特にこれが当てはまります。

企業向けにデザインされたデジタルアセットはノストロ口座にとって代わり、オンデマンドの流動性を提供できるのです。それはデジタルアセットが安く瞬時にどの支払いも目的の地域通貨に変えることができる、世界共通の通貨として振る舞うからです。

この可能性は全体的な取引のコストを下げるだけではなく、交換取引をリアルタイムにまでスピードアップすることができるのです。このように、デジタルアセットは、取引のパフォーマンスを向上させるオイルもしくは流動性となるのです。

銀行やペイメントプロバイダーは世界中にあるノストロ口座に使われているだろう資産を解放することができるようになります。さらに、自分たちのみで取引を完結できなかった銀行やペイメントプロバイダーは、直接国際送金に関与することができるようになるのです。

成功するためには、デジタルアセットは素早く決済するようにデザインされていなければなりません。例としてビットコイン(BTC)は価値の保存としては素晴らしいですが、取引処理においては決済完了するまでに1時間以上かかるため不適切です。また、ビットコインは1秒あたり16トランザクション(TPS)という性能の制限も存在します。

一方、XRPのようなデジタルアセットはほんの数秒で決済が完了し、Visaやその他のカードネットワークと同等レベルの1500TPSも扱うことができます。これはそもそもXRPが国際的な取引処理を行う際に流動性を提供するために、企業向けに作られたからです。

速さと取引量は必要不可欠な要素です。処理が速ければ、より多くの送金主が変動リスクにさらされずにすみ、より速く受け取り主が全額の資金を受け取ることができます。また、高い処理能力によって全ての市場参加者はより安定した量の取引を行うことができます。

Ripple社のxRapidソリューションはオンデマンドの流動性を提供するためにXRPを使用します。リアルタイムで低コストの為替処理を促進することで、xRapidは企業クライアント向けの国際送金における潜在能力を解放しリスクを低下させます。

最後に

いかがでしたか?まだ不明瞭に感じることは多いかもしれませんが、少しずつ把握していければいいのかなと、個人的には感じています。翻訳に際して、transactionやexchangeという単語の意味を日本語に変えるのが難しいと感じたり、意訳している部分も多いです。ぜひ元のRipple公式もご覧ください。

参考

今回の記事のソースはこちら。

ripple.com