XRPの上にも3年

Rippleがもたらす「価値のインターネット」の実現を信じて楽しみにしています。

xRapid:新たに3つの取引所が利用可能に 和訳

f:id:xrpsurfer:20180821112053p:plain

xRapidを利用した送金ルートに新たに3つの取引所が利用可能になるという発表です。(xRapidを導入する取引所の発表です)米ドル、メキシコペソ、フィリピンペソと、価格上昇シナリオにあるXRPを使った決済ルートの確立のニュースです。既にツイッターやブログ等で広まっている内容ですが、公式ブログの和訳をしましたので、ぜひご参考ください。

xRapid:新たに3つの取引所が利用可能に

xRapidとは、国際送金において流動性コストを最小化するためのRipple社製品で、これはデジタルアセットであるXRPが持つ優れたスピード、低い処理コスト、そしてスケーラビリティによって稼働するものです。しかしxRapidが本領を発揮するためには、デジタルアセット取引所の健全なエコシステムが世界中に存在する必要があります。これらの取引所のおかげで、xRapidによる送金がひとつの通貨からXRPへ、そして再び別の通貨へと高速に、そして効率的に行われるからです。

本日、Bittrexが米ドルを介したxRapidの処理において優先的なデジタルアセット取引所となることを発表でき、とても嬉しく思います。さらに、BitsoとCoins.phも同様にメキシコペソとフィリピンペソにおいて優先的な取引所となります。

以下に、xRapidを使った米国からメキシコへの送金の流れを説明します。

  1. Bittrexに口座を持つ金融機関がxRapidを介して米ドルの送金を開始します、すると即時にBittrex上で米ドルはXRPに変換されます。
  2. XRPでの送金額はXRP Ledger上で決済されます。
  3. Bitsoはメキシコペソの流動性プールを通して、XRPを即時にメキシコペソに変換し、資金は送金先の銀行口座に着金します。

「Bittrexは米国のデジタルアセット取引において主要な取引所のひとつです。そしてBitsoはメキシコにおいて、Coins.phはフィリピンにおいても同様な存在です。だからこそ、今回の発表はxRapidにとって重要な出来事なのです。」とRippleのChief Market StrategistであるCory Johnsonは述べました。「私たちは既に成功しているxRapidのパイロットをいくつも見てきています。そして今年の終わりにかけて、ベータ版から製品版へ移行していく際、パートナーとなっているこれらの取引所のおかげで、私たちは異なる通貨の送金がシームレスに行われるという安心感と確証を金融機関に対して提供することができるのです。」

「私たちはRipple社とパートナーを組み、ブロックチェーン技術を送金に利用することにワクワクしています。国外で働く1000万人以上ものフィリピン人がもっと安く家庭に送金できるようになるのですから。」Coins.phのRoh Hose(CEO of South East Asia's e-wallet and financial service company)は述べました。

国際送金を行う従来の外国為替ブローカーと比較して、xRapidのパイロットを行なっている金融機関は平均して40%から70%のコスト削減が行われたと、Rippleは5月に発表しました。これらの送金はまた、従来の2〜3日の処理時間に対して、2分かそれ以下の時間で処理されました。

最後に

いかがでしたか?今回のニュースはまさに、先日書いた価格上昇シナリオにある、マイナー通貨ペアでの決済ルートの確立というステップですね。価格は低迷していますが、プロジェクトは恐ろしいくらい順調に進んでいるようで安心です。

個人的に面白いなと思ったのは、Coryの発言にある「安心感と確証」(comfort and assuarance)という部分です。以前、キャズムについて触れた記事にも書きましたが、これはメインストリーム市場に入っていく段階では必ず鍵となる概念です。これからもどんどん実績を作り、信頼や安心を武器に進んでいってほしいですね。とても楽しみです。

参考

ripple.com

追記 2018.8.21

元々のタイトルが「3つの取引所が新たにxRapidを導入」となっていましたが、ご親切な方からありがたいご指摘を頂き、修正しました。(本文中の打消し線部分は修正前の表現です。)

xRapidは送金業社が導入するものであって、取引所が導入するものではない。送金が行われる際の送金ルートとして新たに今回の3つの取引所が利用可能になるということです。

ご指摘いただき、本当にありがとうございます。非公式とはいえ、公式ブログの翻訳をしているので間違いなどがあったら直ぐに修正したいと思っています。みなさんも気になる部分があればぜひ教えていただけると助かります。@xrpsurfer