XRPの上にも3年

Rippleがもたらす「価値のインターネット」の実現を信じて楽しみにしています。

6. 良いニュースがあるのになぜXRPの価格が上がらないの?

f:id:xrpsurfer:20180830171346p:plain

XRPを持っている人なら誰しも思うであろう、この疑問。最初に結論を書いてしまいますが、答えは「わかりません」です。てにったーさんの質問箱に多く寄せられた質問なので、まとめとして残しておきたいと思います。

てにったーさん回答

質問

これだけ好材料があると言われているXRPですが今回の暴落を踏まえると、大した好材料ではなかったということでしょうか?

回答

市況については私よりもずっと詳しい方をおすすめします。(笑) しかし、そもそも昨年末の暴騰自体が、タイミング的に特定の材料がきっかけのようには思えません。ニュースと無関係に動くことがしばしばあります。

質問

Rippleが全然世間で騒がれていないのが謎で仕方ありません。

回答

あのSWIFTでさえ世間的には無名です。成功が約束されてないリップルが無名なのは仕方ないことかと。 SWIFTとの大きな違いは誰でも使える通貨があることです。普及すればSWIFT以上になると思います。

質問

XRPホルダーですが、この下げは何が原因でしょうか?良いニュースが出ても下がる一方なので。

回答

仮想通貨全体の値動きなのか、XRP個別のなのかを分別した上で。 XRPは良いニュースが出ても昔から素直に反応してくれません。逆になぜ上がるか分からないときに急騰してきました。 結論:分かりません。

解説

2017年末から2018年のはじめにかけて、XRPの価格は高騰しました。XRPの価格が400円に到達した頃から今度は逆に価格が下落し続け、2018年8月30日時点では37円付近で推移しています。しかし、この期間のほとんどにおいてRipple社から発表されるニュースは、先日のxRapidのニュースに代表されるような好材料と呼べるものばかりでした。2017年以前を振り返っても、それは似たような状況です。

f:id:xrpsurfer:20180830171823j:plain

最後に

株式市場や為替市場は成熟していて、世界中に多くの参加者が存在します。それに比べてデジタルアセット市場に関してはまだまだ未成熟な段階です。ビットコインは有名でも、XRPなんて知らない人が多いのではないでしょうか。

ブログやTwitterなどで常に情報を追っていると、それが世間の常識のように感じてしまいますが、国際送金、Ripple、SWIFT、台帳、流動性、取引所、ペイメント、セトルメント、ネッティング、中央銀行、、、など、一般の人はまったく知る必要もないし、知らないでしょう。僕も仮想通貨に興味を持つ前は全く知りませんでした。

仮想通貨に興味を持っている人を含めて、自分の周囲にいる人たち100人に「SWIFTって何か知ってる?」と聞いたところで、100人全員が知らないんじゃないかと思います。だからこそ投資の意味があるんだろうとも思います。

参考

まとめ

www.xrpsurfer.com