XRPの上にも3年

Rippleがもたらす「価値のインターネット」の実現を信じて楽しみにしています。

xRapidの商業利用開始 和訳

f:id:xrpsurfer:20181002082119p:plain

ついにきました、実需スタートです。公式ブログの翻訳をしたのでぜひご覧ください。

2018年、RippleNetはその領域とネットワークを劇的に広げて来ました。今年は平均して毎週2つの顧客と契約をするというペースで、前四半期比でとてつもない顧客の増加となりました。RippleNetは真のグローバルネットワークとなり、40カ国以上6大陸にわたって、速く、安く、高速な国際送金を動かすものとなりました。今日、RippleNetはお金の移動に関して新たな一歩を踏み出します。

RippleNetはデジタル資産であるXRPを使ったオンデマンドの流動性を、金融機関の国際送金に提供しはじめます。こうした処理を行うRipple社製品であるxRapidは、MercuryFX, Cuallix, そしてCatalyst Corporate Federal Credit Unionを含めた複数の顧客に対し商業的に利用可能になっており、実働に移っています。

xRapidは国際送金を実行するときに必要な事前積立されたノストロ口座の必要性を排除します。xRapidは世界の取引所にあるXRPから流動性を確保します。その結果、高額な為替コストと何日もの時間がかかっていた従来の方法と比較し、国際送金処理は数分でしかも低コストで行われるようになります。

MercuryFXとCuallixは両社とも今年の初めにxRapidのパイロットに参加しており、明らかな速さとコスト削減を目の当たりにしていました。MercuryFXはxRapidをヨーロッパとメキシコの経路で展開していきます。

Cuallixは現在、アメリカとメキシコ間の鍵となる送金経路に集中しています。CuallixはPayllixとCualletという金融サービスプラットフォームを使い、個人や家族が家庭に送金する顧客体験をより良いものにしていきます。

最後に、アメリカの1400以上の信用協同組合をメンバーと顧客に持つ、法人向け金融機関のCatalyst Corporate Federal Credit Unionは、新たな国際送金サービスを作るために顧客に代わってxRapidを使います。

これらの3つの企業がxRapidについてコメントしています。

「MercuryFXはRippleNetの力を私たちの顧客に提供しようと、3年以上Ripple社と共に事業を進めてきました。試験的に導入した時に、私たちはxRapidの利点を確認し、四半期中に商業利用できることにとても興奮しています。遅く高コストな送金構造を置き換えるのは今です。なぜなら、スムーズな資本の流れに対しての世界的な必要性はかつてないほどに高まっているからです。」 Alastair Constance, CEO and founder of MercuryFX.

 

「デジタル資産がもたらすものは常に速く効率的な送金です。そうした理由から、メキシコに少額送金を簡単に速く行うことに生活がかかっている私たちの顧客を助けるために、私たちは自社の金融サービスであるPayllixとCuallet向けにxRapidを検討してきたのです。今ようやく、私たちの顧客はそれを実現することができるのです。」Nicolas Palacios, CFO of Cuallix.

 

「伝統的な国際送金体験は、価格、速さ、簡単さにおいて現在求めらている期待値を越えるものではありません。ブロックチェーン技術、とくにRipple社のxRapid製品はこれらの3つの問題を同時に解決することができます。Catalyst Corporateは私たちの子会社の技術プラットフォームを通して、1400以上の信用協同組合の代わりに国際送金を即時に行うためにデジタル資産であるXRPを活用していきます。私たちは商業利用の契約書にサインをし、現在計画を作っている段階です。」Brad Ganey, senior vice president and COO, Catalyst Corporate Federal Credit Union.

参考

ripple.com